キャッシングとカードローンの違いは?

MENU

消費者金融でのキャッシングとカードローンの違いはなんでしょう?

 

消費者金融のいくつかの疑問のうちのひとつ。

キャッシングとカードローンの違いってなに?

 

キャッシングとは・・・

借り入れした金額のすべてを翌月に返済すること。

簡単に言うと小口の短期融資というものです。少ない額の借入れを短期で返すというもの。基本は翌月の一括払いです。
一括で返すのが条件なため、金利は低くなるのが特徴です。1万円単位から借入れが可能で、多くても50万円までと多くはないです。
消費者金融の多くはこの商品になります。クレジットカードに付帯している機能もこのタイプが多いです。クレジットカードの場合、ショッピング枠は50万円や100万円といった感じですがそれに対してキャッシング枠は30万円までという事も多いです。

カードローンとは・・・

借り入れした金額を分割および定額で毎月少しずつ返済していく。

こちらは大口融資が基本です。そしてリボルビング払いという分割返済になります。小口のもの違い、数十万円から数百万円まで幅広い融資額になります。カードローンは長期返済を前提としている分割払いなので、金利は高くついてしまうのが特徴です。
銀行等ではカードローン以外にも住宅ローンなどありますが、その多くは使い道に制限のある融資が多いです。
(ただ、キャッシングと呼ばれるものでもリボ払いの分割返済方法を取っているものもありますのではっきりした線引きはなくなっているようです。)

 

お金の利用目的に応じて、もしくは返済方法によって、キャッシングを選ぶかカードローンを選ぶかを決めていけばよいと思います。少額で十分な金額の借り入れか、高額融資なので分割でしか返済ができない場合ならカードローンが良いでしょう。

 

次の給料日には返済できる額の生活費が足りなくなって借入れをするなら、すぐに返すのが前提のキャッシングを選べばよいですし、事業を始めたり等のまとまったお金が必要ならカードローンを選べばよいのではないでしょうか。

 

どちらがいいかは借り入れする人のライフスタイルにもよるので、それぞれメリットがありますし、それなりのデメリットもあります。金利を考えると長期ローンはオススメしませんが。返済能力にあう借入れ方法を選ぶのが良いと思います。

 

ちなみに、最近ではキャッシングという言葉を使う消費者金融は減ってきました。短期借入れでもカードローンと表現しています。ですが、クレジットカードでのショッピング枠とは別のお金を借りる枠の事は、長期ローンでもキャッシング枠となっています。ですので、それぞれ利用する金融業者での使い方という事になります。