使わないカードローンは解約がいい?信用情報のタイムラグとは?

MENU

使わないカードローンは解約がいい?信用情報のタイムラグとは?

 

使わないカードローン、完済しても契約はそのままでも大丈夫なのかなにか影響があるのか悩むことでしょう。

 

お金を借りていない状態のカードローンは、完済したものと思いがちですが、実はそうではないようなのです。

 

カードローンは契約を解約しても、信用情報から消えるのはタイムラグが発生します。

 

実は借入金額がゼロ円でも、いつでも借りられる状態である事は、借りている状態と判断される場合があります。さらには借入可能額の金額も影響してしまう場合があります。普通に生活する場合には影響は感じられませんが、大きなローンを組む場合などに影響は確かにあります。

 

信用情報のタイムラグ、使わないカードローンは解約がいいのかについてお話します。

 

・信用情報のタイムラグとは?

信用情報機関の情報は、契約をした状態で残り続けています。

 

仮にカードローンに申し込んで、一度も借りなかったとしても契約は信用情報機関に記録されているのです。

 

この記録を消すには、契約を解除(すなわち解約)してから5年間かかります。

 

この事を信用情報のタイムラグと言います。

 

・信用情報が記録されていると?

信用情報が記録されているとどの様な不具合が発生するのでしょうか。

 

カードローンの契約は、住宅ローンや教育ローンなどの大きなローンを組むときにマイナスになります。

 

解約をしておけば解約状態になりますが、まっさらな状態で審査に挑みたいのであれば早めの解約が必要です。

 

・使わないカードローンは解約したほうがいい

以上の結果から、使わないカードローンは直ぐに解約したほうがいいといえるでしょう。

 

カードローンが信用情報から消えるにはタイムラグがありますので、早めに解約をしてタイムラグの経過を待つべきです。

 

カードローンは契約を解約しても、すぐに信用情報から消えるわけでは有りません。

 

完済してその後使う予定が無いなら、とりあえず解約して様子をみましょう。