カードローンとクレジットカードの違いと比較

MENU

カードローンとクレジットカードの違いについて比較

 

「お金が必要なのに用意できない・・・」このようなピンチに、カードローンとクレジットカードなら、どっちが良いでしょうか?

 

今回は、そんなカードローンとクレジットカードを比較してみました。果たしてお金のピンチに最適なのはどちらなのでしょう?

■カードローンとクレジットカードの違いは?

カードローンとクレジットカードは似ているようでまったく違います。まずはその違いを理解しておきましょう。

・カードローン

カードローンは限度額の範囲内でお金を融資してもらう商品です。ATMや銀行振込によって現金を借りることになります。

 

現金を融資してもうらことに特化した商品ですので、クレジットカードのように買い物には使用することができません。

 

また、金利がつきますので必ず利息が発生します。ただ、年会費は無料です。

・クレジットカード

クレジットカードはショッピング時に、カード会社に代金を立替えてもらう商品です。

 

そのため、お金がなくてもカードさえあえば、買い物が可能です。カードローンとは違い、分割やリボ払いにしない限り、利息は発生しません。

 

その代わり、年会費が発生することがあります。

■カードローンとクレジットカードどっちがいい?

これはケース&ケースですが、新規で申込む場合、クレジットカードは利用できるまでやや時間がかかります。

 

一方、カードローンですと大手消費者金融であれば、即日融資が当たり前です。「なるべく早めに融資してほしい!」このような場合は、カードローンのほうがおすすめできます。

■まとめ

カードローンとクレジットカードでは利用目的が違います。カードローンは現金を融資してもらうための商品で、クレジットカードは代金を立替てもらうための商品です。

 

どちらも借金することには違いありませんが、利用目的が違うんですね。

 

もし、あなたが「現金が今すぐ必要!」というのなら、カードローンのほうがおすすめです。カードローンであれば、即日融資も可能なので、申込んだ当日に融資を受けることができます。