キャッシングの審査を同時に申込みするのはデメリット!その理由は?

MENU

キャッシングの審査を同時に申込みするのはデメリット!その理由は?

 

キャッシングの審査を受ける際に、審査に落ちることに不安をいだき、ひとつだけでなく同時に複数の申し込みをする方がいらっしゃいます。

 

心情としては、いくつか申込みをすればどれかの審査は通過してキャッシングができるのではないか、という浅はかな考えではないでしょうか。

 

ですが、それはとてもオススメできない方法です。何故なら「多重申込」となりペナルティを受けてしまうデメリットがあるからです。

 

金融業者同士は同じ情報を共有しています。もちろん、申込みをしたことも記録されます。キャッシング利用の前の段階でも履歴が残ってしまうのです。そしてその情報は各々の消費者金融でも情報を共有しているんです。

 

キャシング審査における審査基準は基本公開されていません。

 

キャッシング同時申込みのデメリットについて紹介します。

世間一般の論として過去の滞納や自己破産は信用情報によって確認できるのでマイナスであるや申告や収入証明の提出によって判明する収入などは審査基準になるといったことは言えますが、それ以上の細かい部分については予想や一説の域をでない話がほとんどです。

 

そういった「真偽がわからないがリスクがあると言われている」話の一つがキャッシング審査の同時申し込みです。

 

要点は単純で
「キャッシング審査を同時に複数社申し込むと審査に落ちたり厳しく見られる可能性が高くなる」
というものです。

 

ただ具体的な部分はまったく違い、「二社以上同時申し込みは現在の経済状況に問題があると思われるからだめ」というサイトがあれば「別にだめではないが他社の審査結果によって貸付額が変わるので遅くなる」という意見、「10社や20社と言った異常な数字は犯罪を疑うが、二社や三社程度であれば問題視されない」と言った意見もあります。

 

そもそもキャッシング、つまりお金を借りようという方は経済状況に何らかの問題があるというのは会社側もわかってるはずなので気にしても仕方ないですが、審査の貸付額や犯罪の危険性というのは理屈としては間違ってないと思われます。

 

なので、不用意に二社や三社に同時申し込みをすると何かしらのリスクがある可能性がある、程度の理解で良いでしょう。