カードローン審査における初回貸付額・限度額はどうやって決まる?

MENU

カードローン審査における初回貸付額・限度額はどうやって決まる?

 
・年収が初回貸付額(限度額)に影響

初回貸付額(限度額)を貸すためには、貴方に返済能力がなければいけません。

 

返済能力は年収に左右されます。

 

年収が高ければ高いほど、月々返済に回せる金額も増えますので、相対的に初回貸付額(限度額)は高くなる仕組みになっています。

 

総量規制も年収が高ければ、初回貸付額(限度額)が増える事になります。

 

・他社からの借入、契約額が初回貸付額(限度額)に影響

返済能力を見る初回貸付額(限度額)は他社からの借入、契約額も影響してきます。

 

問題は使っていなく放置しているカードローン、キャッシングカードも影響してくる点です。

 

カードローン、キャッシングの与信枠は使っていなくても何時でも借りられる状態になっているので、全て借りているもののとみなし審査が行われる為、初回貸付額(限度額)に大きなマイナス要因となります。

 

・初回貸付額(限度額)を増やすため、使っていないカードは閉じてもいいかも

クレジットカードなどのキャッシングも使っていなくても枠として設定されていますので、初回貸付額(限度額)を増やすために使わないカードの枠は全て解約することも一つの手段です。

 

枠を減らし、信用状態が良ければ銀行カードローンなど金利の低いカードローンに移りやすく、初回貸付額(限度額)はおのずと増加します。

 

初回貸付額(限度額)を多くするためには信用状態が重要です。

 

年収を上げるのはそう簡単ではないですから、既存のカードの見直しをして、希望の初回貸付額(限度額)を勝ち取ってください。