キャッシングなら派遣でも在籍確認の電話しない金融が安心!

MENU

派遣の場合、在籍確認はどうなる?

 
派遣社員の場合、

キャッシングやカードローン審査の一環である職場への在籍確認の電話連絡はどこにかかってくるのか?

やはり不安に感じている方も多いようです。

派遣の場合は、派遣先である勤務先の会社に在籍確認の電話は行かず、派遣元である登録会社にかかってきます。キャッシングに申込みをされた際に、派遣の方の場合は消費者金融側から確認をされることがあります。申込み欄に入力された勤務先の「名称」「住所」「電話番号」などの情報は、派遣元か、それとも派遣先か。

 

なぜこのような確認をされるかというと、たまに派遣先の企業を自分の勤務先と書いてしまう方がいるからです。あくまでも勤務先は派遣登録している派遣会社です。うっかりなのか故意なのか、どちらにしても在籍確認の審査ですぐにバレてしまうことなので気をつけましょう。

 

もちろん、正社員以外の派遣やアルバイト、自営業、パートなどの方でも、この在籍確認の審査を書類だけで完結することも可能ですので、電話がかかってくるのは困るという方でも安心して申し込みができます。

 

審査結果の内容によっては、在籍確認の電話なしという希望は難しい場合もありますが、まずは相談してみることが大事です。勤続年数が長いという理由でも、借入希望額が少額という理由でも、在籍確認の電話なしの要望が通ることもあります。

 

 

派遣の場合のキャッシングの在籍確認について

 

派遣で働いている状態でキャッシングを利用するときには、雇われている派遣会社の連絡先を記入するようにしましょう。

 

キャッシングに申し込んだときには、在籍確認が行われることになるのですが、この場合は実際に働いている会社ではなく、雇われている派遣会社の連絡先を記入する必要があるのです。働いている会社は、その時々で変わってきます。

 

特に、期間限定で働いている場合、連絡先も頻繁に変わってきますのでキャッシングの在籍確認の際の連絡先としても適さなくなってきます。
雇い元の会社の連絡先を記入することで、在籍確認が行われたときでも問題なく審査に通過することができますので、お金を借りられるようになるのです。

 

派遣で働いている方は、会社の連絡先を必要な書類に記入する時に迷ってしまうのですが、雇い元の会社の連絡先を記入することによりお金を借りることができますので、この点に注意してみるとよいでしょう。
事前に細かな点まで確認しておくことで、安心して申し込みを行えます。