キャッシングなら派遣でも在籍確認の電話なしの消費者金融!

MENU

派遣社員でも在籍確認なしで借りられるキャッシング会社

 

正社員ではなく派遣社員なのですが、それでも利用は可能ですか?

派遣の方でも大丈夫です。
登録元の会社や勤務先に電話なしでキャッシングができます。申し込みの際に在籍確認の電話連絡についてご自身の事情を伝えればいいのです。

 

いざというときに提携のATMやキャッシュディスペンサーから、簡単に融資を受けられるキャッシング、非常に便利です。
ただ、もちろんキャッシングをするには、審査に通らなければなりません。条件に合うのはもちろん、それぞれの企業によって異なる審査基準に通過する必要があるのです。

 

そんな審査項目の一つに現職の在籍確認があります。
自己申告の通り、本当にその会社で働いているのかを調べるため、職場に電話をかけてくる在籍確認が行われるのです。
これは派遣社員でなくても、正社員でも当然行われる審査です。

 

ただ、これによって職場の同僚や上司にキャッシングを利用するのがバレるのではないかと心配してキャッシングを躊躇う方もいらっしゃいます。その在籍確認の電話を回避する方法があるという事を知れば電話なしを希望する人は多いようです。

 

しかし在籍確認の電話なしでも、その会社に現在勤めていることが証明できれば、審査に通る場合があります。
しかし、その場合は社員証などの提出が求められるため、融資までの時間がかかります。

 

それに電話での在籍確認といっても、
「消費者金融A社のなにがしです。Bさん、いらっしゃいますか。」
なんて聞き方はしません。
そのためよほど勘のいい人でないと、バレることはないので、気にする必要はないとも言えます。

 

とはいえ、それでも職場に普段はかかってこないような電話があると勘のいい人には勘付かれてしまう場合もあります。派遣社員でも在籍確認なしでも借りることはできますので、安心して申し込みをしてください。

 

派遣の方が消費者金融に申込む際に決してやってはいけない事が、派遣先を消費者金融からの電話連絡先にしてしまう事です。どういう事かと申しますと、消費者金融に申込む時に「勤務先」の情報を入力しなければなりません。そこで、派遣元ではなく派遣先を勤務先としてしまうことです。毎日通勤しているのが派遣先なので単純に間違えてしまう方もいるかもしれません。また電話対応しているのが派遣先なので自分が電話に出るためにそちらを派遣先にするという方もいらっしゃるかもしれません。悪質なのは、派遣登録している会社より、派遣先は大企業なので審査に通りやすいのでは、と考える方です。どれにしても、派遣先が大企業であれば、電話は人事に回ります。人事は慣れていますので、消費者金融の在籍確認の審査だとすぐに気が付きます。しかしそれが自社の社員ではなくて、派遣だとしたら問題です。本人ではなく派遣会社に連絡が行くかもしれません。気をつけましょう。