キャッシング審査で保証人担保なしは今や常識!

MENU

キャッシング審査、保証人担保なしは今や常識!

 
お金を借りると保証人が必要だという考えは以前は当たり前のようにありました。
その人の信用だけでは不十分だから、いざという際には他の人に返済してもらおうという話です。

その人に貸してもよいかどうかを審査することが難しかった時代です。虚偽の申請をしてもまかり通るようなところも昔はありました。
しかし、最近の消費者金融は保証人を取りません。
今は昔に比べはるかに審査の精度が高くなりました。
そして、住宅ローンのように担保を取ることもありません。
無担保で無保証人というのが、現在の消費者金融では常識となっています。

 

でも、そんなことで大丈夫なのでしょうか。

 

現在の消費者金融の審査はコンピューター管理のデータ審査です。

 

過去の統計から、申込者の年齢、職業、家族構成などから標準的な返済能力を把握することができます。

 

また、信用情報機関のデータは運転免許証番号まで登録されているほど精緻なものになっています。

 

これらのデータを駆使することで、貸していいかどうかの判断をすることができます。

 

つまり、自社でリスクを負うことができるのです。

 

また、データの精度も高いため貸倒になる確率はかなり低くなっています。

 

しかし、その副作用として危ない人は審査に落とすという事態も多くなっています。

 

大手消費者金融の審査通過率は5割を切っていますが、危ない人は審査でどんどん落としているためこうなっているのです。

 

ただし、銀行系カードローンの商品内容を見ると、消費者金融や信販会社が保証会社となっています。

 

審査を消費者金融や信販会社に任せるということは、いざという際には保証会社が責任を取ってくれることを意味しています。

 

極論ですが、銀行系カードローンは消費者金融などの代理店となっているだけなのです。

 

投資信託のようなものと考えていただければいいのではないでしょうか。

 

ともあれ、現在の消費者金融などのカードローンは保証人も担保も要求しなくなった理由は、審査技術の発達によるものです。