国銀行個人信用情報センターいわゆるJBAって? JICC・CICとの違いは?

MENU

国銀行個人信用情報センターいわゆるJBAについて紹介

 

全国銀行個人信用情報センター(JBA)って何でしょうか。

 

日本には信用情報機関というものがあり、その中のひとつですが、JICCCICよりは何となく認知度・情報が少ない気がします。

 

全国銀行個人信用情報センターいわゆるJBAについて解説します。

 

・全国銀行個人信用情報センターは銀行の信用情報機関

全国銀行個人信用情報センター(JBA)の設立資本は銀行で、銀行が使う信用情報機関として設立されています。

 

そのため、現在も全国銀行個人信用情報センター(JBA)の会員は銀行が大半で、消費者金融やクレジットカード会社は加入していません。

 

・JICC・CICとの違い

全国銀行個人信用情報センターは銀行が会員の信用情報機関の為、扱っている情報も住宅ローンや教育ローンなどの大きなローンが中心となっています。

 

JICC・CICはクレジットカードやキャッシングの情報が多く保存されていますが、全国銀行個人信用情報センターには保存されていません。

 

・情報の保存期間が違う

例えば自己破産をした時、JICC・CICの情報は5年間で消えますが、全国銀行個人信用情報センター(JBA)の情報は10年間消えません。

 

その為、銀行からの借入を行う住宅ローンや銀行カードローンは10年間審査に通らなくなり、違いが出てきます。

 

全国銀行個人信用情報センター(JBA)の情報は特殊な為、銀行以外は会員になっていません。

 

中には重要な情報もある為、使い方によっては大きな効果を発揮します。