消費者金融、時効の援用って何?失敗するケースは?

MENU

消費者金融、時効の援用って何?失敗するケースは?

 
消費者金融の借金には時効が存在します。

 

時効は返済をしない期間が何年間か経過すると時効が経過したとされますが、このままではまだ消費者金融側の借金を請求する権利が消滅した訳ではありません。

 

『借金の返済が止まって5年経ち時効が成立しましたので、今後借金を支払う必要は無いと思います』と相手となる消費者金融に伝えることにより、初めて時効が成立します。

 

この伝える事を時効の援用と呼びます。

 

消費者金融からの借金の時効は最終返済の日から5年経過したら訪れます。

 

もし借り入れた日から5年で時効が成立したと勘違いして援用を申し立ててしまうと、時効はまだ来ていませんから当然時効の援用は失敗することになります。

 

更に消費者金融は返済を支払っていない人に対して裁判を起こします。

 

何故裁判を起こすかというと、裁判を起こし判決が確定すると時効が10年間に伸びてしまうからです。

 

中堅大手の消費者金融は借金の時効を忘れるということはありません。

 

時効成立5年近くなると裁判を起こし、時効を延長しますので、時効の援用を早まって行うのは失敗の元です。

 

借金の時効は借金の一部を払っても消滅します。

 

借金の援用はわかったけれども、千円だけでもと払って欲しいと言われ、千円払うとその時点で再び時効は消滅し失敗することになります。

 

借金を返せないとき、時効の援用が出来るまで待って、借金から逃げることはハードルが高いでしょう。

 

それよりは債務整理を考えた方が、早く生活再建が出来るのでトータル的にはお得です。

 

時効を望んで裁判沙汰になるよりももっと早い段階で支払い方法の相談を担当者にすることが良いのではないでしょうか。裁判沙汰まで行ってしまうと、今後クレジットカードなども10年近く作れなくなってしまう可能性もあります。あらゆる金融機関の利用ができなくなることを考えると、早い段階で相談してみては如何でしょうか。