消費者金融のカードローンも時効になる事ってあるの?

MENU

消費者金融のカードローンも時効になる事ってある?

 

消費者金融のカードローン、返すのがしんどいので時効まで逃げ切ろうと思っていませんか。

 

消費者金融のカードローンが時効になる事があるのか検証します。

 

・消費者金融のみならず、金融機関からの借入は5年で時効になる

消費者金融含め、全ての業態が発行するカードローンは最終返済日から5年間経つと時効を迎えます。

 

ただし、途中で消費者金融側が裁判を起こすと、時効が10年間に伸びてしまいます。

 

消費者金融の管理は行き届いていますので、時効を忘れることは無く取りあえず時効を迎えそうな債権には裁判を行います。

 

逃げ回るなら10年間を覚悟したほうがいいでしょう。

 

・時効を待つより債務整理を

5年間なら何とかなりそうだけど、10年間だとちょっと厳しいと思いませんか。

 

10年間時効が来るまで逃げ回るという事は、その間住民票は移せません。

 

住民票を移せないという事は仕事でも碌な職にはつけず、自治体からの支援も受ける事ができなく、間違いなく生活は困窮してしまいます。

 

それよりは債務整理を考えた方がいいでしょう。

 

債務整理の自己破産を行えば、時効など関係なく解決を行う事が可能です。

 

消費者金融からの借金の時効が来るまで逃げ回ると言ったのは、昔の漫画によくあった話です。

 

現在では裁判所が比較的自己破産の免責を認めてくれるようになっていますので、時効まで逃げ回る必要はありません。

 

借金が返せなくて困った場合は時効など待たず、弁護士などの法律家に相談するようにして下さい。