住民票でキャッシングできる消費者金融は存在するのか?

MENU

住民票でキャッシングできる消費者金融は存在するのか?

 

キャッシングを利用するには「本人確認書類」と「収入証明」が必要です。
本人確認書類は必ず必要ですが、収入証明は不要なことも多いです。そのため、住民票が本人確認書類として有効であれば、住民票だけでキャッシングできます。
ただし、本人確認書類は免許証・パスポート・保険証が一般的ですよね。果たして、住民票OKな業者なんてあるのでしょうか?
今回はそんな疑問について回答します。

■住民票だけで利用できる消費者金融はあるか?

結論から言いますとありません。どの業者も本人確認書類として有効なのは、免許証・パスポート・保険証が一般的です。

 

では、なぜ住民票だとNGなのでしょうか?住民票にも個人情報がかかれていますので、本人確認書類として使えそうにも思えます。ただ、住民票には他人でもわりと簡単に取得できてしまう、という欠点があるのです。そのため、成済ましがいくらでも通用してしまうんですね。

 

キャッシングはあなた個人と契約するローンです。業者はあなたの返済能力をもとに融資をします。なので、本人が確実に申込んだと分るものが必要なのです。住民票ではそれがやや弱いため、キャッシング業者は本人確認書類として認めていないのです。

■最近では顔写真のない証明書も・・・

運転免許証やパスポートなどは顔写真があるので本人以外は使えませんが、最近では他人の健康保険証を使う犯罪も増えてきているので、それを防ぐべく消費者金融では顔写真のない健康保険証単体では身分証明書としては成立しないという方針に変わってきました。運転免許証やパスポートがない場合は、健康保険証ともうひとつ証明できるものを用意しなければなりません。例えば住民票です。

 

ですので、住民票も健康保険証と合わせれば身分を証明することが可能となります。

■まとめ

残念ながら住民票だけで利用できる消費者金融はありません。住民票は他人でも作れてしまうため、どの業者も本人確認書類として認めていなんですね。とはいえ、消費者金融は免許証・パスポート・保険証などの本人確認書類のみでも借入れできますので、手間はまったくかかりません。