完済したら残高ゼロと解約、どっちがいいの?

MENU

完済した後・・・残高ゼロと解約の違いは?

 
キャッシングをした際に、完済した場合に、そのまま残高0円として放っておいていいのか?

 

それともきちんと消費者金融に連絡して、カードを解約したほうがいいのか?

 

悩みますよね。

 

とりあえずどちらにおいても完済したという事実に相違はないのですが、仮に残高0円として放置しておいた場合と、契約を解除した場合では意味合いが少し違ってくるのです。

 

仮に、借り入れしていた、10万円と利息を完済し、残高がゼロになった場合、当然それ以降は一切の利息は発生しません。

 

しかし、解約してないのですから、カードさえあればまたいつでも借りたい時にお金を借りる事ができます。

 

キャッシング枠が仮に30万円あるとしたら、ご自身で自由にできるお金が30万円あると判断されますから、借りていても借りていなくても同じ扱いとなる場合もあります。

 

一方の解約では、当然契約を解約し、カードも無効になるので、再度お金を借りたい状況になったとしても、また改めて審査を受けないとキャッシングができないのです。

 

それなら、ズバリ解約するのと残高0円のままと、どちらが安心なのか?

 

これからもし銀行での教育ローンや住宅ローン等を考えておられる方であれば、解約したほうが前途のローン審査に通りやすくなります。

 

もし、そうでなくて今後もまたキャッシングをする可能性がある方であればわざわざ解約しなくてもよいでしょう。

 

もう一つ、気になる点としては残高0円の場合の、総量規制ですよね。

 

簡潔に言えば、使っていないキャッシング利用枠も総量規制対象とされてしまい、新しくカードローンやキャッシングに申し込む場合は新たな審査に通りにくくなります。

 

しかし、完済済みでそのまま借入できるカードを所有し続けていれば、いつでも自分の都合でキャッシングできるので便利かと思います。こういうのはイザという時にとても頼りになるのは確かです。

 

何故ならプロミス等の消費者金融は既に完済した人の信用情報は原則的に照会は出来ない仕組みになってるので、それまで総量規制の範囲内で借りていれば、そのまま継続的に借り入れができるように枠をキープしてる状態になるからなのです。

 

残高ゼロと解約、どちらがいいというのはありませんから、今後の自分のライフプランに合わせて選ぶとよいでしょう。