消費者金融で設定されてる契約期間の意味とは?

MENU

消費者金融で設定されてる契約期間の意味とは?

 

消費者金融の契約には契約期間が定められている事をご存知ですか。

 

アコムの場合契約期間は5年間と定められています。

 

消費者金融で設定されている契約期間について解説します。

契約期間は一定の区切り

契約期間内に借り入れた金額を返さなければいけないような気がしますが、契約期間をまたぐ1か月程度前に再審査が行われ、互いに異議がなければ自動延長する契約になっています。

 

そのため、契約期間が終了したからといって一括返済をしなければいけないといった事はありません。

契約期間内の限度額は守られるの?

100万円の限度額を設定すると、契約期間内はその限度額の範囲内でずっと使えそうな気がしますがそうではありません。

 

消費者金融側が債権保全の為に必要と判断した場合、契約極度額の減額や新規貸し付けを停止すると別の項目で定められています。

 

契約期間内でも他社借入先を含め、延滞を行っていると限度額の減額が行われる事があります。

契約期間終了前には再審査が行われるの?

契約期間終了前には必ず再審査が行われます。

 

もっと言いますと、消費者金融は契約期間中であっても3か月〜半年を目途に再審査を行っています。

 

定期的に信用情報は監視されているので、契約期間中だからといって油断しない方がいいでしょう。

 

契約期間の効果と言うものはあまりなく、一定の目途として設けられているだけです。

 

利用実態が悪い顧客は契約期間の目途を機会に、契約を更新されないといった事もあります。

 

契約期間中なら大丈夫と安心せず、常日頃から延滞等は絶対行わないようにして下さい。