金融の金利を比較!どこで借りるのが得か?

MENU

消費者金融の金利を比較!

 
金融の金利事情を比較!それぞれの金利差はどうなっている?

 

カードローンを利用するとき、もっとも気になるのが金利ですよね。金利の高低によって利息が変わってきますので、「なるべく低金利で借りたい!」というのが誰しもの希望かと思います。

 

今回はそんな金利について解説していきます。

 

最近の金利事情はどんな感じ?

まずは大手消費者金融と銀行系の金利を比較してみましょう。

 

・大手消費者金融の金利一覧

業者名 金利
モビット 3.0%〜18.0%
アコム 3.0%〜18.0%
アイフル 4.5%〜18.0%
プロミス 4.5%〜17.8%

 

・大手銀行系カードローンの金利一覧

カード名 金利
新生銀行カードローン・レイク 4.5%〜18.0%
三井住友銀行カードローン 4.5%〜14.5%
三菱東京UFJ銀行カードローン・バンクイック 1.8%〜14.6%
じぶん銀行・じぶんローン 2.2%〜17.5%
楽天銀行スーパーローン 1.9%〜14.5%

最小金利に関してはどちらも差がありません。最大金利に関しては銀行系のほうが低い傾向にあります。

 

金利で選ぶなら銀行系カードローンのほうがお得か?

確かに銀行系のほうが低金利な傾向にあります。しかし、その分、審査は厳しめですので注意しなくてはいけません。

 

一方、消費者金融系は金利こそ銀行系より高いですが、審査のハードルは下がります。審査〜融資も非常にスピーディーですので「今すぐ!」という時にも向いています。

 

また、金利の差は返済額によってかなりカバーすることが可能です。月々の返済額を多めにすれば、残高も早く減りますので、利息をおさえることができます。

 

まとめ

金利は銀行系のほうが低い傾向にあります。ただし、審査が厳しく契約まで時間がかかるというデメリットも抱えています。金利で選ぶのもいいですが、まずは審査に通過できなくては意味がありません。

 

急な出費に困ったという場面ではやはり消費者金融は頼れる存在と言えます。即日融資のメリットはとても大きいのではないでしょうか。

 

金利の高低は返済額でカバーできますので、審査に通りやすい消費者金融を選ぶのも悪い選択ではありません。

 

そもそもの利用方法が消費者金融ではすぐに返済できるくらいの少額の借入れがメインなのに対して、銀行カードローンでは高額の融資を長期分割返済という利用方法が主流といえます。

 

ですので、金利の設定は銀行のほうが低いかもしれませんが、結果的に支払う利子の額としては消費者金融のほうが圧倒的に少ないといえます。