キャッシングやカードローンの利用は信用情報に傷がつく?

MENU

キャッシング、カードローンをすると信用情報に傷が付くって本当?

 
キャッシング、カードローンを利用する時の注意点とは?

 

「キャッシング、カードローンを利用していると信用情報に傷がつく」このような噂があるようです。

 

果たして、この噂は本当なのでしょうか?

 

今回は、そんなキャッシング、カードローンの噂について解説していきます。

 

キャッシング、カードローンでお金を借りると信用情報に傷が付くのは本当なのか?

結論から言いますと、そのようなことは100%ありません。

 

キャッシング、カードローンを利用したからといって、信用情報に傷がついてしまう事実はあり得ません。

 

実際に信用情報に傷がつくケースの例としては、延滞や債務整理などをして、事故情報が記録されることを意味します。

 

キャッシング、カードローンを利用したからといって、事故情報になることはあり得ません。よって、信用情報に傷がつくようなことはありません。

 

ただし、審査に影響することはあります!

キャッシング、カードローンを利用していると、新たなローンやカードの審査に影響がある可能性はあります。

 

ローンやカードの審査時には、現在どれくらいの金額の借入れがあるかや、何社から借り入れしているかなどが必ずチェックされます。

 

借入れ額や件数によっては、それが原因で審査落ちしてしまうこともあります。カード会社はあなたの返済能力をもとに融資します。

 

借入れ額や件数が多いと、返済能力にマイナス評価となり、審査に悪影響を与えてしまうことがあるのです。そうしたことが原因で、審査に通らない可能性は十分考えられます。

 

あとは消費者金融の借入は総量規制という法律があるので、年収の3分の1までしか借りられません。既にもうそれだけを借り入れしてる場合は、新たなキャッシング審査に影響が出るというわけです。

 

とくに車や住宅ローンの審査は要注意!

車や住宅ローンは融資額が高額になりますので、審査も非常に厳しいです。場合によっては、キャッシング、カードローンを利用しているというだけで審査落ちになることもあります。

 

キャッシング、カードローンはいつでも好きなきとき借入れできますので、将来的な利用を警戒されてしまうのです。その結果、返済能力にマイナス査定となり、審査に落されてしまう可能性もあるんですね。

 

まとめ

キャッシング、カードローンを利用しても、信用情報に傷がつくようなことはありません。信用情報に傷がつくのは、延滞などの事故情報を起こしたときです。

 

ただし、キャッシング、カードローンを利用しているという事実が、新たなカードやローンの審査に影響する可能性も否定できません。とくに車や住宅ローン等の高額融資の審査は注意したいところです。

 

自分の信用情報の内容を知ることは出来る?

 
審査に影響するという信用情報とは具体的になんでしょうか?

消費者金融やクレジットカード、または銀行のローンなどを新規で申し込む場合に、必ず審査が行われますが、その時にほとんどの金融関連業者が利用するのが【信用情報機関】です。

 

過去5年以内に、クレジットカードを利用していたり、消費者金融でお金を借りていた方の利用履歴情報を扱っているのが信用情報機関ですが、主にはJICCCICという会社です。

 

金融関連の情報に特化した、いわゆる究極の個人情報になります。

ですので、キャッシング、クレジットカードなどの過去と現在の利用情報ですから、消費者金融でお金を借りた事がなく、クレジットカードを持ったこともなく、銀行でローンを組んだこともない方の情報は載っていません。

 

しかし、社会人ともなればクレジットカードくらいは持つでしょうし、家族が出来れば住宅ローンや自動車ローンも組むこともあるでしょうから、消費者金融でキャッシングをしたことがないという方でも載っています。

 

さらには、携帯電話を分割で支払っている方の情報も載っています。携帯電話というのは、契約する際に携帯本体を一括で支払って、あとは月々の支払いは通話料のみという方もいらっしゃいます。そういう方は履歴は載りませんが、多くの方はゼロ円での契約にしているので2年間の分割払いとなり、ローンとして信用情報機関に残ります。

 

毎月の返済に大きな遅れがない限り、信用情報記録には影響しません。

ただ、何度も何度も返済が延滞している方においては、別枠での扱いになってしまうかもしれません。延滞の場合、支払いの通告、警告含めて催促が繰り返されます。しかしそれに何度も応じなかったりすると、その履歴が残り、さらには悪質だとみなされて、別枠の扱いになってしまいます。

 

そうなってしまうと最悪の場合「ブラック」扱いになって、今後新規で申込もうとした場合に、審査の過程で信用情報機関に問い合わせをして過去の悪質な利用状況が発覚し、新規の申し込みは見送られるということになります。

 

審査に落ちた理由はほとんどの場合教えてもらえませんから、別のところに申込むというパターンは少なくありません。たとえ別のところに申込んでも同じです。ほとんどの金融業者は審査で「新お湯情報機関」を利用しますので、また審査に落ちることになります。