国民健康保険証だとカードローン審査で不利になる?保険証のみで借入をする時の注意点

MENU

国民健康保険証だとカードローン審査で不利になる?

 

国民健康保険証だけしか本人確認書類がない時、カードローン審査で不利になるのでしょうか?

 

身分証明書と言えば、運転免許証やパスポートなどが一般的ですが、どちらもお持ちになっていない方はいらっしゃいます。もちろん「健康保険証」は立派な身分証明書です。しかし、消費者金融などの審査では健康保険証だけでは足りないんです。

 

保険証だけで借入する時の注意点について解説します。

 

・保険証プラス1、他の書類が必要

実は保険証だけで融資をする金融機関は少なくなっています。

 

というのも、保険証は顔写真がついていないので、お財布を落として拾った人でも持ってくることが出来てしまうからです。

 

法律的にも保険証だけで融資をする事は危険とされるようになっています。

 

保険証だけしかない人は、保険証プラス住民票や、公共料金の支払票などを求められる事が多いでしょう。

 

・国民健康保険証は審査で不利?

国民健康保険証が審査に不利という事は無いのですが、国民健康保険証を持っている人は自営業者、フリーターになります。

 

自営業者やフリーターは職業の審査ポイントが極めて低いので、審査には不利になります。

 

あらかじめ覚悟して、希望額を小さく申し込むなど対策を立てましょう。

 

・保険証の中で一番強い保険証は?

保険証の中で一番審査に強いのは、公務員が持つ組合保険証になります。

 

リストラの無い公務員の査定ポイントは高くなりますので、審査で非常に有利とされているのです。

 

組合保険証を持っている人は、ドヤ顔で提出してみましょう。

 

保険証を本人確認書類にする時は、他に何が必要か金融機関にあらかじめ確認するといいでしょう。

 

国民健康保険証は審査で不利なので、希望額を少なくする、借入先を整理してから申し込むなど対処してください。