消費者金融の新規申込みでいきなり高額の借入れは可能か?

MENU

消費者金融の新規申し込みでいきなり高額の借入れは可能でしょうか?

 
はじめて消費者金融に申し込むのに、

いきなり高額融資のお願いをしても受け入れてもらえるのでしょうか?


高額融資となってくると、保証人や担保など様々な条件が必要になってくるのではないかと思われるでしょうが、消費者金融の融資には保証人や担保などを用意する必要がないのが特徴です。

 

まずは、幾らの借り入れができるかどうかの前に審査があります。現在働いていて、安定した収入があるかどうかが重要です。消費者金融に限らずほとんどの金融機関はここの審査を重要視しています。年収や勤続年数などが大事になります。それによって借入希望額が可能かを判断していきます。

 

また、勤務先に在籍をしているか確認を行うことも重要だと考えています。主な確認方法が電話をかける方法です。電話確認ではただ、呼び出しをしてもらうだけなので、そこで詳しいことを聞き出すわけではありません。消費者金融を名乗って電話をかけてくるわけではなく、担当のオペレーターが個人名でかけてきます。

 

借入れ可能額は年収によって決まるのでしょうか?

年収に因るところが大きいと言えます。総量規制というものが定められていますので、年収の3分の1までが借入可能額というのが決まっています。ですので、新規で高額融資を希望していても、年収の3分の1を超える額の希望は通りません。

 

新規の最初の希望額が少額だったら契約も出来たかもしれないのに、いきなり高額の希望を出したために契約すら出来ないということもあります。

 

その場合、年収の3分の1の範囲内であれば、いきなり高額を希望するのではなく、最初は少額希望にして、問題なく利用していれば、消費者金融側から増額融資の提案をしてきますので、それから高額希望を出しても良いかと思います。

 

年収が多くても、月々の支払いが多いと影響しますか?

例えば借入希望額が200万円であれば少なくとも年収が600万円あればよいのか、また900万円の年収であれば、300万円までは融資が可能なのかというと、総量規制の対象にはならないので可能といえます。

 

また、住宅ローンや自動車ローン、またはクレジットカードのショッピングのローン返済額などのローンは総量規制の対象にはならないので、最初に問われることはありません。

 

ですが、月々のローンの支払い状況を聞かれることになります。毎月の支払額にさらに新規の消費者金融のカードローンの返済が加わるとどうなるか。ローン以外にも、家族構成によっては月々の支払額が多くなっていきます。お子さんが何人いらっしゃるかによっても出費は多くなります。

 

高額融資となると月々の返済額も多くなりますし、金利が高く付きますので、その分、完済するまでの期間がさらに長くなります。月々の返済額もバランスを取ってどうしても高くなってきますので、いくら収入が多くても月々の支払に余裕がなくなってきます。その他のローンを優先するのか消費者金融の返済を優先するのかでさらなる借金を生むことも無いとはいえません。その部分も消費者金融は審査の対象にしてきます。

 

条件を満たせば、高額融資も可能かもしれませんが、消費者金融で扱っているのはフリーローンです。融資の使用目的は問われないので、保証人や担保がいらないというのが魅力でもありますが、フリーローンは金利が高いです。長期返済でとても高くつきます。いつまで経っても利息の返済が続くということになります。ですので、あまりオススメはしません。