金欠でお金がない、生活費が苦しいときに利用できる公的支援サービスがあるの?

MENU

金欠でお金がない、生活費が苦しいときに利用できる公的支援サービスがあるの?

 

金欠でお金がない時、生活費が苦しい時に頼りたいのが公的支援サービスです。

 

月末に生活費が足りなくなったときに、金融業者に頼るのはやはり不安なのでそれ以外の方法があると助かりますよね。

 

本当に困った時に頼りになる公的支援サービスについて解説します。

 

・失業保険は頼れる公的支援サービス

突然解雇され金欠になった、生活が苦しいという事はよくあります。

 

そんな時頼れるのは失業保険です。

 

解雇の場合、失業保険はすぐに受け取れますので、必ず頼るようにして下さい。

 

・今日食べるものがない時の公的支援サービス

今日食べるものが無くて困った時は、かなり緊急事態と言えるでしょう。

 

この場合はフードバンクや子供食堂といった自治体や民間団体が行なっている公的支援サービスを探してみてください。

 

食べ物を無料でくれたり、格安で食べさせてくれたりします。

 

・病気になって動けない時の公的支援サービス

体の調子が悪いけど、医者にかかるお金がないという事態も発生するでしょう。

 

そんな時は無料定額診療という公的支援サービスが役立ちます。

 

市役所は貧困支援のNPO法人に話を聞きに行ってください。

 

・公的支援サービスの王様、生活保護

最後は公的支援サービスの王様と言われる生活保護に頼ってください。

 

金欠でお金がない、生活費が苦しい状態が深刻なら、生活保護の申請に通るでしょう。

 

公的支援サービスは困った人のための制度です。

 

遠慮せずに使うようにして下さい。

 

公的機関に頼るようなことはしたくないという方もいらっしゃいます。しかし一時的にでも利用することで次に繋がるときもあります。

 

次に働けるところが見つかるまでお世話になるのは決して間違いではありません。

 

本当に困っている方には是非利用してほしい制度です。