国の教育ローン審査は厳しいって本当?審査落ちの原因と対策はある?

MENU

国の教育ローン審査は厳しいって本当?審査落ちの原因と対策はある?

 

教育ローンの心強い味方となる国の教育ローンをご存知でしょうか。

 

金利が安く役立つローンとして知られている国が行っている教育ローンですが、一方で審査は厳しいとされているのでなかなか敷居が高いというイメージはあるようです。

 

国の教育ローンの審査に落ちないための対策について解説します。

 

国の教育ローンは審査の間口が広い

国の教育ローンは日本政策金融公庫が行うローンで、基本的には低所得者層の家庭の為に教育機会の平等化を図る目的で作られています。

 

つまり収入が低いからと言って一律審査落ちにするわけでは無く、その間口は広くなっています。

 

審査が厳しそうといってあきらめる必要はないのです。

 

国の教育ローンに落ちる原因

教育ローンに落ちる原因として考えられるのは、

@ブラックリストに載っている状態にある
A返済が明らかにできそうにない
B生活保護を受けているなど、経済状況が明らかに芳しくない

 

と言った基本的な条件に該当している場合です。基本的というのは銀行のローンや消費者金融のカードローンでも同様の審査内容ということです。

 

それ以外の条件であれば審査通過の可能性は十分にあります。

 

国の教育ローンと奨学金の違い

国の教育ローンと奨学金を同じに考えている人が多くいますが、これらは全く別の制度です。

 

先ず奨学金は奨学金を受ける学生が借りるものであり、見られるのは学生の学力となります。

 

それに対して国の教育ローンの審査は親の資力が審査対象となります。

 

学力は一切関係なく教育資金を借りる事が出来るのです。

 

教育ローンを組もうかなと思った時は、第一に国の教育ローンを考えるといいでしょう。

 

国の教育ローンはカードローンに比べ一番通りやすく、かつ金利が安くなります。

 

是非国の教育ローンを利用してみてください。