キャッシングやカードローンの名義変更は可能?

MENU

キャッシングやカードローンの名義変更は可能?

 

お金を借りた後、契約済みのカードの名義変更ができるのか?

 

結婚などで名字が変わることでそれまでの契約内容が変わってしまうとどうなるのでしょうか?または養子縁組により改名など様々な事情がありますので名前がしたら再審査されるのか紹介します。

 

気になりますよね。説明していきましょう。

 

結婚や改名を行なった人は、キャッシングやカードローンの名義変更を行わなければいけません。

 

キャッシングやカードローンの名義変更が可能かと、名義変更時に再審査されるかについて解説します。

 

キャッシング&カードローンの名義変更は可能

結婚、改名、養子縁組と人生で名前が変わる機会はそんなにありませんが、必ずキャッシングやカードローンの名義変更を行わなければいけません。

 

キャッシングやカードローンの規約には名前が変わった時、速やかに届け出ることとありますので、名義変更を行わなければ規約違反となります。

 

名前がそのままだと、銀行口座の引き落としもうまくいかないなどのトラブルも発生するでしょう。

 

名義変更は変更届けを出す事によって行うことが可能です。

 

名義変更時に再審査はされる?

結婚の場合、職場を辞めているなど状況の変化が予想されます。

 

結婚などで名前が変わって名義変更を行った場合、一般的には現在の状況に合わせて再審査が行われます。

 

再審査の結果、収入がなくなっている、少なくなっているなどした場合は、借り入れ審査状況に影響してくるでしょう。

 

名前が変わる前と状況に変化がないようなら、そのまま審査に通過する事もあります。

 

信用情報機関の情報も変わる

改名をした事を金融機関に申告すると、金融機関を通し信用情報機関の情報も更新されます。

 

既存の取引がある業者は信用情報機関にアクセスする事により改名した事を把握できるようになるわけです。

 

改名をした時は、漏れなく全ての金融機関に変更手続きをとるようにしましょう。

 

改名した場合は必ず名義変更の手続きをとるようにしてください。

 

再審査は状況が変わってなければ、上手く通過しますので過度な心配をせずに手続きをとるといいでしょう。

 

以前は悪質な利用客もいました。結婚して名字が変わると別人として新規申込みをして多額の借金をしていました。その後も名前を変えては借金を繰り返しました。のちに同一人物と判明しましたが、その後は対策が取られ、そういう詐欺行為に対しては厳しくなりました。