身分証明書無くてもカードローンを組める?

MENU

身分証明書無くてもカードローンを組める?

 
身分証明書について

 

身分証明書には「運転免許証」「健康保険証」「パスポート」などがありますが、最近では「マイナンバー」の証明書が加わりました。この中で、写真付き身分証明書は「運転免許証」「パスポート」そして「マイナンバーカード」になります。これは悪質な本人なりすましでのトラブルを防ぐために徐々に増えているものです。

 

銀行で口座を開設するためにはすでにこの写真付きの身分証明書が必ず用意しなければならなくなりました。今後、消費者金融でも義務化されるのではないでしょうか。実際にプロミスでは顔写真のある運転免許証とパスポート、以外の健康保険証については顔写真がないので、1点では身分証明書としては足りないので追加する必要があることになりました。例えば住民票などです。

 

ですので、以前に比べると「健康保険証」の重要性は落ちたかもしれません。ですが、この証明書類の中で唯一、勤務先名まで表記しているのが「健康保険証」になります。身分を証明するだけではなく勤務先までも証明できる証明書類なので、消費者金融の審査で用意できればとてもスムーズに進める事ができるという信頼度の高い証明書類になります。といっても正規雇用の職種のみなので、それ以外の多くの場合「国民健康保険証」では勤務先名は表記されていません。実際のところ「国民健康保険証」は提出する場面は減っていくと考えられるのではないでしょうか。

 

ちなみに、勤務先名の表記してある証明書類は、他に「源泉徴収票」と「給与明細書」のふたつの収入証明書があります。こちらも消費者金融の審査ではとてもスムーズに進める事ができるので用意しておく事をおススメします。

 

身分証明証なしでカードローンを利用することは可能?
いいえ、金融機関でカードローンを組む際の審査では身分証明書が絶対に必要です。

これは、金融機関を管轄する官庁側の要請や法律に基づくために必要としている事もありますが、なによりどこの誰かがわからないのにお金を貸すことなどできないという理由です。

 

これはヤミ金でも同じであり、どこかで運転免許証などの身分証明書を確認されることになるはずです。車を担保にするヤミ金の場合は、運転免許証を預かってしまうケースもあるほどです。

 

事実上審査を必要としないクレジットカード現金化であっても、金券などを換金する際に買取業者が身分確認をしています。買取業者は「古物商」として登録されており、身分確認は必須なのです。

 

クレジットカード現金化を専門にしている業者も、同様に身分確認をしています。この場合も運転免許証などを確認することが一般的です。

 

特に金融機関でローンを組む際は、信用情報に債務整理などの履歴がある人が他人に成りすましてローン契約をしようとする場合が多いです。そのため、審査では運転免許証などの文言を一字一句細かく照合し、違っていたら確認の電話をしています。

 

業者側の立場に立って考えていただければわかると思いますが、いくら商売でお金を貸すとはいえ、相手のことがわからないのにお金を貸すことなどできません。特に信用情報機関のデータを使って審査をしている以上、相手の素性がわからなければ審査すらできません。

 

最近は消費者金融の申込の際に収入証明書が不要になっている場合があります。このことは銀行等の場合も同様です。しかし、身分証明書だけは絶対に提出を省略することはあり得ません。

 

身分証明書が無くてお金を借りたり、ローンを組んだりすることは不可能と思ってください。