消費者金融はなぜ担保不要や保証人なしで借りれるのか?

MENU

消費者金融はなぜ担保不要や保証人なしで借りれるのか?

 

・ 銀行でお金を借りると住宅ローンのような大型ローンは住宅という担保が必要であり、フリーローンのような無担保融資であっても銀行系の保証会社の保証が必要です。

 

・ しかし、保証会社があっても、万が一支払不能になると、銀行からの督促が保証会社からの督促になるだけのことで利用者にとっては何も変わりません。

 

・ ですが、消費者金融はこのような保証人なしでお金を貸してくれます。これは、消費者金融が貸付に際してリスクを負っているためです。言い方を変えれば、貸付をしている消費者金融が保証人の役割も果たしているのです。

 

・ ちょっと不思議なイメージを受けるかもしれませんが、消費者金融の利息は、その全額が消費者金融の収益になるのではなく、一部は万が一の貸倒に備えた積立金としています。これが一般的に保証料といわれる部分です。

 

・ 消費者金融は、長年の勘から貸倒が発生する割合を知っています。それに合わせて保証料を決めて、リスクを負っています。そして、その終えるリスクの範囲内に収まる顧客に対して融資をしているのです。

 

・ カードローンは消費者金融だけではなく、銀行も取り扱っています。その商品説明書を見ると、ほとんど消費者金融か信販会社が保証会社となっています。つまり、リスク管理を消費者金融や信販会社に丸投げしているのです。

 

消費者金融が保証人も担保もなしで貸付をすることができる理由はこのようなものです。

・ 最近は、住宅ローンでもこのように銀行自体が保証会社を使わないタイプの商品が出ています。審査に通るのは相当信用力が高い人に限定されますが、貸倒の可能性が非常に少なければ保証料を積み立てる必要はないと判断しているのです。カードローンと住宅ローンと正反対のローン商品ですが、ともに金融機関自身がリスクを負うという点では共通しています。

 

以前に比べてイメージの良くなった消費者金融

 
CMや街の広告によって以前に比べてだいぶイメージの良くなった消費者金融。

さらにはキャッシングという言葉の持つイメージも変えるために、カードローンという言葉を使うようになっています。カードローンという言葉は銀行も同じように使っています。銀行と同じ商品を扱っているという印象を与えるためです。

 

以前の消費者金融は簡単にお金を借りる事ができました。返済能力のない人までが借りることができる状態でした。そんな人が高額の融資を受けるとどうなるでしょうか?もともと返済できるような収入がない訳ですから、そのまま多重債務から自己破産の道しかありませんでした。多くの金融トラブルを産んでしまう事で、消費者金融の印象は社会復帰不能な借金のイメージが残りました。

 

その後、貸金業法の改正により返済能力のある方しかお金を借りることができないようになりました。お金を返せる人しかお金を貸さないという当たり前のことが法律で決まったということです。

 

最近ではどうでしょう。社会人になってまだ間もない人達は、以前の時代を知りませんので、もっと気軽に消費者金融カードローンを利用している傾向にあります。生活費が少し足りないので、次の給料日に返済できる範囲のお金を借りるという方法です。

 

消費者金融は生活を潤滑に行うための手助けをしてくれます。上手に利用する事がなにより大事です。