マイナンバー制度でカードローンやキャッシングがバレる可能性はある?

MENU

マイナンバー制度でカードローンやキャッシングがバレる可能性はある?

 

マイナンバー制度で、カードローンやキャッシング利用がバレるのではないか、心配な人が居るかと思います。

 

やはり導入されてから時間が経ったとはいえ、普段利用しない制度なのでいまだに理解できないという方も多いのではないでしょうか。

 

マイナンバー制度で心配なのは勤務先にお金の収支がバレてしまうということでした。特に副収入を禁じている会社に勤めている場合、その不安は大きいのではないでしょうか。

 

マイナンバー制度によるカードローン、キャッシングがバレる可能性について解説します。

 

・マイナンバーでカードローン、キャッシングがバレることは無い。

マイナンバー制度は国民の資産や収入についてきちんと把握し、スムーズに納税や行政サービスを行うための制度です。

 

マイナンバー制度でカードローン・キャッシングの情報を把握するようなことは行っていませんのでバレる心配はありません。

 

家族、会社共に、マイナンバー制度が導入されたからと言って、利用実態が判明してしまう事は無いでしょう。

 

基本的には会社側は簡単な理由で社員のマイナンバーを閲覧することは出来ません。ですので副収入やキャッシングを確認するためだけに利用することは考えられません。

・家族、会社にバレる時

カードローン・キャッシングを利用していることは、家族、会社にバレにくいものです。

 

家族は借入会社から送られてきた郵送物から、または会社は借入会社からかかってきた個人あての電話からバレる事があります。

 

勤務先へは個人名でかけてくれる対応を各金融機関行ってくれますが、リダイヤルでかけなおしたとき貸金業者の電話番号であったりしてバレてしまう原因となります。

 

殆どのケースでバレる事はありませんので、バレる事は非常にレアケースと言えるでしょう。

 

まだまだ浸透していない部分はあるかもしれませんが、マイナンバーカードは制度として定着しつつあります。

 

マイナンバー制度でカードローン・キャッシングを行っているとバレることはありませんから、安心して利用してください。