便利だけど要注意?バンドルカード「ポチッとチャージ」の仕組みと注意点

MENU

便利だけど要注意?バンドルカード「ポチッとチャージ」の仕組みと注意点

 

使いすぎないクレジットカードとして人気のVisaプリペイドカード『バンドルカード』から便利なサービスが登場です。

 

その名も「ポチッとチャージ」。ただこの「ポチッとチャージ」利用の仕組みと注意点を把握していないと結構危険なのです。

 

バンドルカードと「ポチッとチャージ」の仕組みと注意点を解説します。

 

・「ポチッとチャージ」の仕組み

プリペイド式のカードで悩ましいのがチャージを行うために、わざわざコンビニに行かなければいけない点です。

 

バンドルカードはアプリ版があり、アプリの操作で「ポチッとチャージ」を選択する事により最大20,000円から25,000円をチャージできます。

 

わざわざ外出する必要もなく、ものの数十秒でカードチャージが可能です。

 

・「ポチッとチャージ」の注意点

「ポチッとチャージ」のお金は何処から来るのでしょうか。

 

勿論何処からともなくお金は出てきませんから、ポチッとチャージした後でチャージ金額の合計と手数料を合わせてコンビニで支払う必要があります。

 

期限は翌月末なので、忘れたり使いすぎて払えなかったりという事が無いようにしましょう。

 

・「ポチッとチャージ」の手数料がバカ高い

「ポチッとチャージ」は1回のチャージにつき

 

◆3,000円〜10,000円のチャージの場合500円
◆11,000円〜20,000円のチャージの場合800円

 

の手数料がかかります。

 

20,000円を1か月借りるだけで4%もの手数料が発生するのです。

 

年間に直すと48%ですから、ちょっと困った時に行うものではありません。

 

バンドルカードの「ポチッとチャージ」、仕組みは便利なのですが手数料が高すぎます。

 

利用するとコストがかかりすぎるので、よく考えてから申し込むようにして、極力利用は控えるようにしましょう。