連帯保証人と連帯債務者は一体何がどう違うのか?

MENU

連帯保証人と連帯債務者は一体何がどう違うのか?

 

連帯保証人と連帯債務者と言う言葉があります。

 

法律に詳しくない人はどちらがどう違うか、ちんぷんかんぷんですよね。よく聞く言葉としては連帯保証人です。とはいえ家を借りる時に使われる言葉ですが消費者金融を利用していても最近では使われない制度です。

 

連帯保証人と連帯債務者の違いについて解説します。

 

・連帯保証人は連帯的に責任を負う人

借金が返せなくて債務者が滞納した場合、請求は連帯保証人に行きます。

 

連帯保証人は債務者と同じく、債務内容を保証している為です。

 

債務者に不測の事態があった場合は全責任を負い、連帯保証人が返済しなければいけません。

 

・連帯債務者は一緒にお金を借りているような立場の人

連帯保証人に対して連帯債務者は保証をしているのではなく、一緒にお金を借りている立場になります。

 

連帯保証人になっている場合、債務者が延滞をして初めて連帯保証人に対して請求する権利が発生します。

 

連帯債務者の場合は一緒にお金を借りている立場になる訳ですから、債務者が延滞をした、していないにかかわらず、請求を行う事が出来ます。

 

・どちらでも実質的にはあまり変わらない

連帯債務者になってほしいと言われるときは、住宅ローンなどで夫が債務者となり、妻がその連帯債務者として登録するなど特別なケースに限られます。

 

夫婦の収入、資産は一緒ですから、住宅ローン契約を守っている内は夫婦一緒に返していくことになります。

 

連帯保証人の場合でも、夫の返済が滞れば連帯保証人である妻に請求がいくことになります。

 

責任の形態から、連帯債務者は親族など近しい人がなるもの、連帯保証人は友人など遠い人がなるものと考えるといいかもしれません。

 

連帯債務者、連帯保証人になる場合はよく検討してください。