カード利用停止に気を付けたい!キャッシング・カードローンの罠とは?

MENU

カード利用停止に気を付けたい!キャッシング・カードローンの罠とは?

 

キャッシング・カードローンにはいくつもの罠があります。

 

この罠に引っかかると、カード利用停止措置が行われることもあるので気を付けなければいけません。

 

キャッシング・カードローンの罠について解説します。

 

・キャッシング・カードローンの罠、長期延滞しなければカード利用停止にならない

ネット上の色々なホームページでの情報では3ヶ月間延滞したら金融事故として登録され、カード利用停止になると書かれています。

 

これはキャッシング・カードローンの有名な罠の1つです。

 

3ヶ月以上というのは、信用情報機関が金融機関に課しているルールです。

 

カード利用停止措置を行うのは、顧客と金融機関の契約ですから、延滞が何日間とか関係ありません。

 

事実なんども延滞している人は、1ヶ月間延滞しただけでカード利用停止措置を受け金融事故に登録されたりしています。

 

・キャッシング・カードローンの罠、審査に通ったらずっと使えるは間違い

カードローン審査に通ったら、半永久的にカードが使えるような気持ちになりますが、これも罠の1つです。

 

カードローンは3ヶ月〜6ヶ月の間に定期的に情報の整理を行っています。

 

あなたの信用力に変化がでてきたら、契約期間であっても限度額の見直しを行われる可能性は充分あるのです。

 

これは、様々な情報から得られる信用力になります。生活していく上で変更は起きるものです。住所変更や勤務先変更などもそうです。それを早め早めに申告する必要があります。

 

・キャッシング・カードローンの罠、金融機関は信用情報機関でつながっている

『この金融機関には延滞していないから大丈夫だろう』という考え方も罠の1つです。

 

確かにお金の返済が遅れて迷惑をかけているのは今借りている金融会社です。

 

しかし、金融機関は信用情報機関でつながっているので、1社滞納すると情報が知れ渡ります。遅延をする方はたとえ他社に対してであっても評価は低くなります。

 

連鎖的にカード停止措置を受けかねないので、全ての金融機関で滞納を行なってはいけません。

 

これは新規申し込みも同様です。一箇所で借りることができないとなると、他で借り入れをすれば良いと考えるかもしれませんが、信用情報機関によって個人情報が知れ渡っているので、まず無理でしょう。

 

キャッシング・カードローンの罠の数はとても多いです。

 

罠というと大袈裟に聞こえるかもしれませんが、甘く見てはいけないということです。借金をしているわけですから、毎月の返済等を油断してはいけません。

 

利用する際は返済に特に気をつけて利用しましょう。