カードローン・キャッシング審査に通らない理由|信用情報機関で扱われる情報と保有期間

MENU

カードローン・キャッシング審査に通らない理由は?

 
信用情報機関で扱われる情報と保有期間について

カードローンやキャッシングの審査に全然通らないとぼやいている人は少なくないでしょう。
そのような人は、一度自分の信用情報を照会してみてください。手数料が必要ですが、その価値は絶対あります。

 

信用情報機関には、5年前からのクレジットカードや消費者金融の契約内容がすべて保管されています。解約してもこの事績は消えません。

 

また、登録されている事項は非常に豊富です。

 

カードローンであれば、契約日や限度額だけではなく、その際に申込書に記載した住所や勤務先まで登録されています。

 

また、現在の利用残高や毎月の支払状況まで登録されているのです。

 

さすがに毎月の支払状況はデータが多いためか2年分に留められています。

 

ただし、具体的に言えば24回分であり、後にデータの追加登録がなければ5年間残ります。

 

つまり、解約した場合にはデータ自体が抹消される5年後までデータが残るのです。

 

現在、日本には3つの信用情報機関があります。

 

信販会社系・消費者金融系・銀行系の3つですが、このうち相互に情報交換をしているのは信販会社系と消費者金融系です。

 

そのため、銀行は信販会社系の信用情報機関にも登録をしていることがあります。

 

つまり、銀行でマイカーローンなどを借りる場合、クレジットカードの利用状況まで調べられてしまう可能性があります。

 

もし、登録をしていないとしても、銀行が取り扱う無担保融資のほとんどは信販会社か消費者金融が審査をしていますから、話は同じです。

 

そのため、カードローンの審査に通らないとぼやいている人は、クレジットカードの審査にも通らないし、銀行の無担保融資の審査にも通りません。

 

信用情報機関へ情報開示請求をすることをお勧めします。

 

最近は法律事務所などで審査に通らない理由を探してくれるサービスをしてくれることがあります。

 

相談してみるのも一つの方法でしょ