精神科に行くと住宅ローンが通らなくなるって本当?

MENU

精神科に行くと住宅ローンが通らなくなるって本当?

 

精神科や心療内科に通っている人は、住宅ローン審査で落とされるという噂を耳にしたことがありませんか。

 

銀行などの大型ローンの審査に通院記録などが影響するなんて驚きです。

 

心療内科の場合はもっと気軽に利用するようなところと考えている方もいらっしゃるかもしれません。しかし、住宅ローンなどに影響するとなると、この先、マイホームを考えている方にとってはとても重要なことでもあります。

 

この精神科とも心療内科とも言われるこのウワサですが、本当に住宅ローン審査が通らなくなることがあるのか考察していきます。

 

・住宅ローン審査で団信は必須、精神科通いだと通らない

この噂は住宅ローン審査を受ける時、『団体信用生命保険の加入』が義務付けられているので、本当のようです。

 

団体信用生命保険はローン契約者が死亡した時、代わりに残りのローンを払ってもらう制度です。生命保険ですから当然、病気について告知する必要があります。

 

この団体信用生命保険は精神科通い、特に鬱病を患っていると100%ではないにしても通りません。

 

・精神科通いをやめたら審査に通る?

治療が完了して、精神科通いをやめたら審査に通るのかというと、これも難しそうです。

 

団体信用生命保険の審査は過去の病歴についても告知しますので、審査に通るかは微妙になります。

 

・精神科通いを告知しなかったら住宅ローン審査に通る?

精神科通いを告知しなかった場合、告知義務違反になりますので死亡しても保険金は支払われないでしょう。

 

非常に危険な行動ですから、告知義務違反はやめた方が無難です。

 

精神科通いは病院に通って、診断されてしまうと病歴になってしまいます。

 

住宅ローンを組んだ後精神科に通う事は問題ありませんが、組む前に精神科に通うと病気がネックで今後色々な審査に通らなくなる危険性を理解しましょう。