キャッシング審査-在籍確認の電話なし!勤務先連絡不要の消費者金融

MENU

融資には在籍確認が必須条件?

 

一言で言うなら、在籍確認の審査は必須ですが、勤務先などへの在籍確認の電話はなしにできます。

・ つまり、書類審査のみでキャッシングができるのです。提出する書類内容は、消費者金融から指示がありますので、それを用意し、写メやFAXするだけでOKですので、とても簡単といえます。

 

在籍確認審査の必要性〜

 

・ 社会人としてスタートして数年がたちました。安定した収入を持ち、そして結婚もしていたとします。しかし、どうしても必要があってキャッシングのお世話になる事態になった場合、どのような流れで融資を受けられるのでしょうか。

 

・ 普通に会社勤めで、結婚して家庭も持ち、なおかつ過去の信用情報に問題もなく、そして在籍確認の電話連絡に応じてくれるならば、すぐにでも、それこそ早いところでは即日にでも融資をしてくれるでしょう。申込む時間帯も大事ですので、午前中が条件なのか、14時までの申込みが条件の消費者金融もありますので、確認してみるのが良いでしょう。

 

・ しかし、この在籍確認の電話連絡を嫌がる人が意外に多いのですね。これは、審査の過程で申告した勤務先に、本当にあなたが勤務しているかどうかを確認するという作業です。金融機関が実際にあなたの職場に電話をしてくるのです。電話は消費者金融を名乗ることはなく、担当者の個人名でかけてきますので安心と言えますが、それでも職場の状況や個人の事情によっては、電話のひとつひとつを確認させられる事もあるかもしれませんし、そもそも外部からの電話を取ることがあまりない職場もあるようです。または外部からの私用電話は必ず人事に回されるという企業もあるようです。そうすると間違いなく勤務先に在籍しているにも関わらず、在籍確認の電話対応が確実には取れない場合も出てくるので、審査に通らないという可能性も出てきて、残念なことになってしまうかもしれません。

 

・ 在籍確認は取れて融資は可能になったが、消費者金融からの確認電話だとバレる事になってしまい、借金があると知られてしまうという最悪な事になってしまいます。しかもこのことが人事の知ることになってしまうと、後々面倒な事態になるかもしれません。

 

・ 借金することが他人にバレるような電話ではないのですが、あまり気持ちの良いものではないですよね。クレジットカードの時も同じ電話がかかってくるのですが、キャッシングとなると、どこか違います。もし、どうしてもこの電話をされると困るようならば、申し込みの際にその旨を申告しましょう。そうすると、金融会社のオペレーターが別の方法を提案してきます。例えば、社員証や給与明細のコピーの提示や、会社名と本名の入った保険証の提示などです。