消費者金融キャッシングの審査で利用される信用情報機関について

MENU

消費者金融キャッシングの審査で利用されている信用情報機関について

 
消費者金融キャッシングの審査で申込者の履歴情報をチェックするために問い合わせをする「信用情報機関」とはどんなところなんでしょうか?

キャッシングの審査の基準はどのように決まっているのでしょうか?年収でしょうか?勤続年数でしょうか?すでに他社でのキャッシングでしょうか?それとも、過去の金融機関の利用履歴でしょうか?

 

金融機関の利用履歴とは何でしょうか?

以前、金融機関でお金を借りたことがある方は、情報機関に利用履歴が残ります。消費者金融でも銀行でもクレジット会社でもキャッシングをした過去があれば残るものです。もちろん金融機関でお金を借りたことがなければ履歴はありません。

 

利用履歴がなぜ審査に必要なのでしょうか?

新規の申込者を受け入れる時にできるだけ収集したい情報のひとつとして、過去の返済状況の履歴なんですが、特に注視しているのがトラブルの有無になります。過去にトラブルがある申込者に対してはお金を貸す訳にはいかないので、審査の重要な基準となります。

 

トラブルというのは返済の滞りや、債務整理など。

キャッシングの返済が上手く行かず、遅れが長期的だったり、完済することなく途中で放棄したりした結果、いわゆる「ブラックリスト」として履歴に残ります。そんな履歴があると、そんな申込者に対して消費者金融は新規の契約は決して行いません。

 

実はその情報を自分で確かめる方法はあります。消費者金融が審査で利用する信用情報機関の自分の情報を自分で調べることが出来るんです。日本の信用情報機関は主に3社あります。それぞれ情報は共有しているので1社に情報開示をすれば大丈夫ですが、心配であれば2社でも問題ありません。

 

信用情報機関は「JICC」と「CIC」で自分の情報を開示できます。どちらもパソコンかスマートフォンから申込みができます。開示の結果はJICCの場合は郵送で、CICの場合はpdfでダウンロード可能ですのでパソコンかスマートフォンで確認できます。