キャッシング在籍確認の職場確認なしが可能な消費者金融の紹介

MENU

消費者金融のお得なサービスについて

 

・ はじめて利用しようと考えている方はどこの消費者金融でキャッシングするのが良いのか迷っているというのは多いと思います。CMで繰り返しやっているような大手の消費者金融もありますが、詳しく調べてみればたくさんの消費者金融が存在しています。コマーシャルや街中の宣伝を見ると広告にお金をかけているので他社よりも金利や手数料が高く付くイメージがあるかもしれません。

 

・ ですが、利用者の様々な声を聞きますと、サービスは大手の消費者金融が良いという結果になっているようです。最近は特に、インターネットで契約できるようになって、さらにサービスが良くなりました。ネットで申込みから契約、振込みまですべてが可能になった「WEB契約」というサービスです。

 

・ 「来店不要」なので、お店に出向くことなく、スマホ等でできますし、「即日融資」が可能なので、申込んでからお金を実際に借りるまで数週間待たなくてもその日に借りれるようになりました。これらはすべてインターネットのサービスが出来るようになってからです。

 

・ また大手の消費者金融のほうが低金利というメリットもあるようです。特に大手消費者金融の「プロミス」「アコム」「モビット」ですが、この3社はお互いの金利を意識して金利の下げを繰り返しているようです。現段階では【プロミス・4.5%〜17.8%】【アコム・3.0%〜18.0%】【モビット・3.0%〜18.0%】となっています。少し前にモビットが3.0%に変更したのを受けてアコムも最近同じく3.0%下げてきましたね。

 

・ そんな中で、ネットのサービスが充実し便利になっても、避けられないものがあります。それは「在籍確認」の審査です。申込み時に申告した勤務先に、実際に働いているかを直接電話で確認するもので、出来ればこれを回避したいと思っている方が少なくありません。在籍確認の審査は必ず行われます。働いていない無職の人にお金を貸すことは禁じられています。勤務先を確かめられる事は避けては通れません。ですが、その方法としての電話確認は大丈夫です。ネット契約だから可能な方法で、これを回避することが実は可能なんです。

 

・ ネットで申込んだ後、携帯に電話がかかってきます。そこで相談してみましょう。職場に電話をかけてほしくない理由、もしくは外部からの私用電話がつながらない等の理由をしっかりと丁寧に伝えましょう。実際にそういう職場は多いです。そうすることで、代替案を提示してくれます。在籍している事を証明出来れば良いわけです。

 

・ ただし、全ての申し込みされたお客様がこの代替案を受けられる訳ではありません。それまでの審査の内容によっては在籍確認の方法が電話しかないと判断される場合もあります。在籍確認の電話連絡は審査の中でもほとんど最後と言って良いです。この確認によって、審査が完了し契約となります。ですので、最初の段階で電話なしを申し込んだとしても、審査の途中で電話連絡回避は受け入れられないと伝えられるかもしれません。もしかすると勤続年数が長いと問題なく電話連絡が回避できるかもしれません。しかし実際には審査の基準は公開されていませんのでわかりませんが。