収入証明書がなくても借入れ可能な消費者金融

MENU

収入証明書がなくても借り入れが可能な消費者金融ってホント?

 
消費者金融を申込む際に、本人確認の書類だけを提示すれば良いわけではありません。
それとは別に収入証明書を提示しなければ借り入れができないということは、はじめて利用される方は知らないかもしれません。

在籍確認という審査もありますが、それだけではなくその仕事でいくらの収入があるかを確かめるための収入証明書の提示になります。

お金を貸すということ、借りるということは、お互いに信頼しないと成立しません。虚偽の申請が無いように、証明書が必要なんです。
収入証明書がなぜ必要になったかというと、賃金法改正により、安易な貸し過ぎ借り過ぎを防ぐためなんです。こういう法改正は国民を守るためであるので、返済能力の低い消費者に対して、消費者金融側がどんどん貸してしまうことを防ぐためなんです。
では、収入証明書がなくても借りれるのはどういう場合なんでしょうか?
借入れの希望額が50万円以内なら収入証明書がいらないんです。

もし他社からの借入れがすでにある方は、その額も含めて100万円以内であれば、収入証明書の提示が不要で借入れが可能になります。

収入証明書はどんなものを提示すればよいのか?

収入証明書の種類は、
【源泉徴収票】
【確定申告書】
【給与明細書】
になります。
いずれも勤務先名が表記されているので、審査においては効果的です。
これ以外に「税額通知書」そして「所得(課税)証明書」が提出可能な収入証明書類となります。この二つに関しては「収入額」と「所得額」が記載されているものが条件です。いずれも最新で前年度以降のものが有効となります。給与明細に関しては直近2ヶ月のものに限ります。

 

どれも、本人確認の書類と違い、勤務先や役所などに申請しなければ受け取れないものばかりです。

場合によっては、その使用目的まで答えないといけないかもしれません。役所に対しては面倒なだけでいいですが、職場に関しては使用目的で消費者金融とはいえませんね。クレジットカードの申し込みに必要というしかないかもしれません。

できれば、収入証明書なしで消費者金融に申込めたらと思いますね。

ただ、勤務先名の表記してある収入証明書に関してはあらかじめ用意しておいたほうが良い場合があります。審査がよりスムーズに進むからです。勤務先名がある収入証明書は「源泉徴収票」そして「給与明細」になります。勤務先に在籍している事を証明する上でとても重宝します。勤務先名の入っている健康保険証を持たないパートやアルバイト、そして派遣の方の場合でも、この証明書なら勤務先が証明できる事もあるので、用意しておくのが良いでしょう。

 

ちなみに、申し込み審査においてまずは身分証明書を提示する必要がありますが、最近では顔写真のあるものが信頼度が高いと判断され優先されるようになり、顔写真のない、健康保険証などはもう1点追加で用意する必要があるようになりました。例えば住民票などです。顔写真のない身分証明書は悪用されることが増えているようなので、審査する側も慎重になっているようです。