キャッシングするなら転職前がいいって本当?

MENU

キャッシングするなら転職前がいいって本当なんでしょうか?

 
キャッシングの審査は職場の在籍年数に大きく影響します。
在籍年数が長いということは、安定した収入というのが条件の消費者金融の基準にマッチします。簡単に辞めないだろうという判断がされますし、逆に転職が多い人は信用されません。簡単に仕事を辞めて一時的にでも無職になるのではと疑われるわけです。

そのため、もし転職を予定しており、キャッシングの審査をするのであれば転職前がお勧めということが言えます。

 

審査でも有利ですし、勤続年数がある程度長ければ職場への在籍確認の電話連絡を省略してもらえる可能性が高くなることもメリットです。

 

さらには、勤続年数が10年、15年と長い事で、最初の利用から金利を低く設定してもらえたという報告もありました。金利設定はなかなか下げてもらえるわけではないので、勤続年数はそれほど審査に影響するということです。

 

またすでに消費者金融を利用している場合での転職はどうなるのでしょうか。

退職後に増枠申請などをする場合についてです。

 

消費者金融の中には毎年のように源泉徴収票の提出を要求する場合があります。プロミスのようにポイント制を設け、源泉徴収票の提出を条件にしてポイントを付与しているような場合もあるほどです。

 

ここまでしている金融機関は銀行も含めて多くはありませんが、毎年のように在籍確認をしたいというのは金融機関の本音です。転職をされて給料が下がることは、返済能力の減退につながるためです。

 

そのため、増枠申請などで源泉徴収票の提出を求められ、これに応じると勤務先が変わったこと、つまり転職したことがわかります。給与水準が変わっていないとしても、そのようなことは相手にはわからず単に「信用が落ちたのに黙っていた」というマイナスイメージしか残りません。

 

消費者金融は往々にして長期間の取引をすることになります。長期的な付き合いをすることを考えると、隠し事はやめたほうが賢明です。

 

転職前にキャッシングの申込をするのはいいのですが、転職後にはすぐに消費者金融などに連絡をすることが必須です。このような行動が自分の信用を高め、将来の増枠申請がスムーズに通る条件となります。

 

基本的に増枠の話は消費者金融側から提示してくることが多いと言えます。逆にお客様側のタイミングで増枠をお願いしても、却下されたり、増枠の審査に時間がかかったりすることが多いです。借入や返済に問題が無ければ、先方ももっと借りてほしいという立場に変わりますので、焦らないで待つのも有りです。