カードローンやキャッシング審査で重要な属性とは?

MENU

カードローンやキャッシング審査で重要な属性とはなんでしょう?

 

カードローンやキャッシングの審査の話でよく「属性」という言葉が出てきます。

 

これは、申込をした人の職業や年収によってある程度のグルーピングをしているグループのことを言います。

 

主に職業で分けていることが多いのですが、大企業の正社員や公務員と言うトップグループから、中小の派遣会社の派遣社員、自営業者という審査上不利になる人まで複数の分類がされています。

 

しかし、この「属性」はいくつものグルーピングがされています。

 

職業だけではなく、年収でもグルーピングが可能ですし、年齢や勤続年数でも可能です。

 

このように同じ人に対して複数のグルーピングをすることで、信用度のランク付けがされていきます。

 

もちろん職業だけで決めるわけではありませんし、年収だけで決めるわけでもありません。

 

複数のグルーピング方法のどの部分にその人が存在するかが属性を決めるのです。

 

そのため、どのような属性だから審査で有利だと一概にいうことはできません。

 

どんなに大手企業の正社員の方であっても、過去にカードローンの使い過ぎで任意整理をした経験者はどんなに年収があっても審査では門前払いです。

 

これに対し、派遣社員の方でもクレジットカードの支払いなどが毎月きちんとされていれば審査では非常に優位に立ちます。

 

同じ話は年収が低いパート主婦の方についても言えます。

 

総量規制があるため、実際の融資限度額は年収の影響でそれ以上高くなりませんが、信用情報の内容が良ければ「高い信用がある属性」にランク付けされるのです。

 

「属性」は審査では非常に大きなウェイトを占めることは言うまでありません。

 

しかし、自分がどの属性に属すことになるかは消費者金融のグルーピング、つまり審査基準によって決まります。

 

とはいえ、一番大きな要因は信用情報です。

 

支払が確実な人を金融機関は一番信用するのです。

 

ご自身の信用状況を確かめる方法としては信用情報機関に問い合わせをするのが良いでしょう。

 

「CIC」もしくは「JICC」で教えてもらえます。それぞれ手数料は1000円です。